Youtube動画説明欄の書き方を徹底解説!

 

Youtubeの動画説明欄も、

 

Youtubeで稼ぐためには重要な箇所です。

 

 

より再生回数を増やしたり、他の動画の関連動画として表示されやすくしてくれるのが

 

Youtube動画説明文です。

 

 

効果的な説明文の書き方を徹底的に解説していきます。

 

Youtube動画説明欄の効果的な書き方とは?

まずは動画をご覧ください。

 

動画説明欄の大事なポイントとは?

動画説明欄の書き方は

 

大事なポイントをおさえてしまえばかんたんです。

 

・チャンネル登録への誘導

・動画の説明

・関連動画の情報

・引用を記載

 

たったこれだけです。

 

では、早速一つ一つ見ていきましょう!

 

チャンネル登録への誘導

Youtubeアフィリエイトで稼ぐには、

 

チャンネル登録者数がいかに重要か?は以前にお話ししましたね。

 

⇒Youtubeチャンネル登録者数を増やすのってそんなに大事?!

 

チャンネル登録者数を増やすことで再生回数も抜群に伸びていきますので、

 

Youtube動画説明欄には、

 

チャンネル登録の紹介を最上部にしっかりと書きます。

 

 

どうしてチャンネル登録誘導を最初に持ってくるか?

 

 

なんですが、

 

視聴者が動画を観ている際に説明文も

 

上三行までは目に入るからです。

 

 

そのため、なるべくチャンネル登録をうながすために

 

説明欄には上部に記載します。

 

動画の説明

次にYoutube動画の説明を記載します。

 

 

動画の説明には、動画タイトルも入れ込みます。

 

そして動画の説明にはキーワードを散りばめます。

 

関連キーワードも入れることによりSEO対策となります。

 

 

また、動画説明文を読んで

 

「この動画観てみよう!」と思えるような言葉を考えて入れましょう。

 

最後には誘導文を入れて動画を観させる工夫をします。

 

 

例えば、

 

「詳細は動画をご覧ください!」などですね^^

 

関連動画の情報

 

関連動画の情報も説明欄に記載します。

 

関連動画の情報を説明欄に記載することにより、

 

人気動画の関連動画として紹介される確率が高くなるからなんですね。

 

 

記載する内容としては、

 

・人気動画のタイトル

・人気動画のURL

 

だけでいいです。

 

ただ、説明欄に載せる人気動画の探し方にはコツがありますので、

 

詳しくは動画をご覧くださいね^^

 

引用を記載

最後に引用です。

 

Youtube動画を作成すると、

 

著作権フリーの音楽や画像を引用するかと思います。

 

 

引用元のURLを記載しましょう。

 

 

というのも、

 

著作権フリーサイトの利用規約には、

 

URL記載が条件の所が多くあります。

 

なので、Youtube動画の説明欄に引用としてURLを記載することにより

 

著作権対策になります。

 

 

安心してフリー素材を利用するためにも、しっかりと記載しましょう。

 

 

Youtube動画説明文も、

 

再生回数を増やすための重要な要素となります。

 

 

ぜひ参考にしてみてください^^




・ノウハウコレクターになってしまっている
・アフィリエイトって稼げるの?

などなど、アフィリエイトのご相談はお気軽にあーこまでお問い合わせください♪

お問い合わせには100%回答していますし、
みなさんに喜んでいただいています^^
↓ ↓ ↓
>>あーこに問い合わせしてみる

コメントを残す

サブコンテンツ

稼げる戦略を無料で公開中!

アフィリエイトで大きく

稼ぐための必ず必要な戦略を

メルマガ限定で無料公開中!!
↓  ↓  ↓
メルマガについて

このページの先頭へ