Youtube動画4つのスタイルと削除リスクの関係性

Youtube動画で稼ぐ時に、

 

どんな動画で稼ぐか?はかなり重要です。

 

 

リスクの高い動画とリスクがあまりない動画が存在します。

 

 

まとめましたので一緒に見ていきましょう!

 

Youtube動画4つのスタイルと削除リスクの関係性

まずは動画をご覧ください。

 

 

Youtubeアフィリエイトには、

 

大きく分けて4つの動画スタイルがあります。

 

 

「削除リスク」を基準にどの動画スタイルで作成すればいいか、

 

を考えればわかりやすいかと思います。

 

 

最近ではかなり減ってきましたが、

 

他人の動画をコピペして稼ぐというスタイルは

 

最悪「Youtubeアカウントごと削除」の最も重いペナルティをくらうことも。

 

 

他人の動画を丸きりコピペして稼ごうとすることはないと思いますが、

 

十分気を付けてください。

 

 

そもそもYoutubeアカウントをはく奪されてしまえば、

 

稼ぐ方法がなくなってしまいますからね・・・

 

 

Youtubeアフィリエイト4つの動画スタイル

では、Youtubeアフィリエイトの動画スタイルには

 

どういった種類があるんでしょうか?削除リスクとの関係性は?

 

 

ですが、

 

 

・テレビなどの映像コンテンツを使ったもの

 

・ラジオの音声コンテンツを使ったもの

 

・画像やテキストが流れるスライドショー動画

 

・顔出し・声出しした完全オリジナル動画

 

 

この4つに大別されます。

 

テレビなどの映像コンテンツを使ったもの

テレビの映像をYoutube動画にすると、

 

ぶっちゃけ再生回数は伸びます。

 

 

しかし、テレビ映像をYoutube動画にすると削除リスクが最も高いです。

 

 

最近では監視の目も厳しくなっていますので、

 

絶対にやめましょう。

 

 

またDVDの映像も同様です。

 

 

テレビ・DVDの映像をYoutube動画にする=著作権違反です。

 

 

また、DVDは放送コンテンツ適正流通推進連絡会の監視の目があります。

 

 

著作権違反のみならず営業妨害として訴えられることもありますのでおすすめできません。

 

ラジオの音声コンテンツを使ったもの

テレビ映像ほどではないものの、

 

ラジオ音声をコンテンツにそのまま使うのも年々監視の目が厳しくなっているので

 

避けたほうが無難です。

 

 

削除リスクがある分野については「手を出さない」が正解です。

 

画像やテキストが流れるスライドショー動画

動画に使ったテキスト・音楽・画像に著作権違反があれば

 

削除リスクはあります。

 

 

しかし、テレビやラジオを丸きりコピーして動画にするより

 

かなり削除リスクは低いです。

 

 

私がお教えするのはこちらの動画スタイルとなります。

 

顔出し・声出しした完全オリジナル動画

これは完全にオリジナル動画になるので、

 

削除リスクはほとんどないと考えていいでしょう。

 

 

しかし問題なのが

 

労力が半端ない

 

 

ということです。

 

 

完全オリジナル動画というのは顔出し、声出しが中心ですから、

 

個人情報は流れますし、

 

映像を撮影する機材も必要です。

 

 

また撮影時間がものすごく長くなります。

 

 

完全オリジナル動画というのはいわゆるユーチューバーのことですが、

 

注目を集めるほどのキャラクター設定がないといけません。

 

 

つまりタレント性に依存するということですね。

 

 

こういった顔出し・声出しの完全オリジナル動画は私はお教えしておりません。

 

 

ユーチューバーを目指すのであれば他の講座受講をおすすめします。

 

 

いかがでしたか?

 

 

Youtubeアフィリエイトといってもいろんな動画スタイルが存在します。

 

 

あなたに合った手法をぜひ探してみてくださいね^^

 




・ノウハウコレクターになってしまっている
・アフィリエイトって稼げるの?

などなど、アフィリエイトのご相談はお気軽にあーこまでお問い合わせください♪

お問い合わせには100%回答していますし、
みなさんに喜んでいただいています^^
↓ ↓ ↓
>>あーこに問い合わせしてみる

コメントを残す

サブコンテンツ

稼げる戦略を無料で公開中!

アフィリエイトで大きく

稼ぐための必ず必要な戦略を

メルマガ限定で無料公開中!!
↓  ↓  ↓
メルマガについて

このページの先頭へ